5月−Ⅱ 高原の緑を

2019年6月2日

信州のの庭で、まだアレンジに使うには早いかな?と思いながらカットしたイカリソウとヤブカンゾウの葉。シラー、キャンピヨン、花ズオウに、市場で選んだキャロットフラワーやセリンせを加えて自由な感覚でアレンジして頂きました。

そして後半は市場の花で揃えた、花やグリーンでメドウガーデンをイメージしてのアレンジメントです。

5月ーⅠ ビバーナム

2019年5月20日

ビバーナムは大好き花のひとつですが、そのグリーンが活きる組み合わせ、コンプリメンタリーカラーの紫をサブカラーとしてで合わせてみました。


4月−Ⅱ つづき

2019年4月22日

レッスンがあった週は日差しも強く、窓を開けたままでも気持ちよく過ごせました。市場もより初夏の様です。

4月ーⅡ フラワーアシストを使って

2019年4月21日

市場には母の日用の鉢物が色とりどりに、種類も沢山並んでいました。切り花も初夏の品揃えに代わり、選んだラナンキュラスも今シーズン最後になるかしら・・・少し寂しいです。

今回は信州から、自生したスイカズラを採集してきたので、それを使って小さなリングを作りアシストとしました。

4月ー1 イースター

2019年4月8日

今年は桜を存分に楽しめましたが、イースターはアレンジメントのテーマとして、また別の春の気分でウキウキします。

風船をベースにした、手作りの卵を中心においたアレンジメントです。

3月−Ⅱ

2019年3月28日

このレッスンの頃は桜は見頃のはずで、外が桜一色なら室内は。とムシカリの枝を選んだのですが目論見はずれでした。

現実には桜の開花は今日か今日か・・・と待ちくたびれていましたが、今桜は満開。

部屋ではムシカリの茶色かった新芽が、鮮やかな緑の葉となり、花は真っ白な可憐な花びらで楚々と咲いています。


大ぶりな枝を活かすのが大変でした。関東では高い深山にはえ、横に伸びた枝先に真っ白な花を咲かせる姿を想像しつつの挑戦でした。

そして前回の続きですが、少し花色が変わっています。

3月 アーティフィシャルーⅱ

2019年3月18日

本物と見間違えたマルバユーカリの枝とヤマブキの花、ハナミズキと組み合わせてのリースに。

3月−1

2019年3月16日

3月に入って、来週にも桜が開花という話題に、嬉しく心待ちにしているおもいと、まだ桜を見る心の準備が出来ていない、というおもいが春の陽ざしの中、ザワザワしませんか。

今回は、アーティフィシャルの花を使ってのドアスワッグです。ダブルのクリスマスローズをメインに使いました。

アーティフィシャルにはフレッシュとは違った楽しさ・難しさがありますが、玄関ドアなどに飾るには最適と思います。桜に負けずに、春を道ゆく人にアピールしてみましょう。

2月ーⅡ ひなまつり

2019年2月25日

2月前半が寒かったので、ここ数日来の暖かさが嬉しいですね。

そしてひな祭りが近づくとさらに春を感じてウキウキ感がアップします。今回はひな祭りにちなんだアレンジメントを作りました。

心の浮き立つ感じがさらに増すよう、スイトピーのふわふわ感を生かすよう、そしてぼんぼりのように丸く見えるよう、三方見のアレンジメントです。

2月ー1 フラワープリントの器で

2019年2月11日

花柄がプリントされた可愛い器を見つけました。いつもと違う器にアレンジするのも気分が変わります。

この週は立春の日、まさに春の気温でしたがその後雪が降ったりで、寒いねーが挨拶になる一週間でした。”部屋の中だけは春ですねー”と優しい色合いを楽しみました。